2021年度「アルゴリズムとデータ構造」のページ

練習問題

2021年10月11日出題

  1. 長さsizeintの配列をmallocで確保し、以下のそれぞれで指定する初期化をし、先頭を指すポインタを返すCの関数を書け。

    1. 素数を小さい順に並べたもの。すなわち、\(2\), \(3\), \(5\), \(7\), …

      int *primealloc(size_t size);
    2. 正整数\(n\)の(正の)約数の個数を\(d(n)\)と書いたとき、\(d(1)\), \(d(2)\), \(d(3)\), \(d(4)\), …

      int *numdivalloc(size_t size);
    3. 正整数\(n\)の(正の)約数の総和を\(\sigma(n)\)と書いたとき、\(\sigma(1)\), \(\sigma(2)\), \(\sigma(3)\), \(\sigma(4)\), …

      int *sumdivalloc(size_t size);
    参考1
    • テスト用main関数の
  2. 長さsizedoubleの配列をmallocで確保し、以下のそれぞれで指定する初期化をし、先頭を指すポインタを返すCの関数を書け。

    1. 配列の第\(i\)要素の値が\(\log(i+1)\)。すなわち、\(\log1\), \(\log2\), \(\log3\), \(\log4\), …

      double *logalloc(size_t size);
    2. 初項\(a\)、公差\(d\)の等差数列。すなわち、\(a\), \(a+d\), \(a+2d\), \(a+3d\), …

      double *arithalloc(size_t size, double a, double d);
    参考1
    • テスト用main関数の
  3. ACM-ICPC 2019年国内予選問題のうちから、2問以上を選んで解け。 (2019年国内予選問題の審判団解説
戻る

奈良女子大学生活環境学部情報衣環境学科生活情報通信科学コース